アプリの使い方

仕訳項目の編集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕訳で使う項目は必要に応じてカスタマイズすることができます。こちらのページでは、その方法を解説します。


自分なりに仕訳の項目をカスタマイズ

仕訳の基本的なルールは共通ですが、その項目は記帳する人によって様々です。Yellowでは初期設定でいくつかの項目が自動的作成されますが、それが全ての人にとって馴染みのある項目とは限りません。

次のいずれかに当てはまる方は、項目を編集することでより便利にご利用いただけるようになります。

  • 馴染みのある項目名を使いたい
  • 独自の項目を設定したい
  • 項目が多くて煩わしいので、不要な項目を削除したい

例えば、「預金」という仕訳項目がありますが、事業用預金が複数ある場合は「預金(A銀行)」と「預金(B銀行)」のように2つの項目を用意した方が便利かもしれません。

その他にも、事業用で使っている車に関する費用の項目に「車両関係費」というものがありますが、こちらは単に「車両費」となっていた方が分かりやすい場合もあるでしょう。

このように、記帳する方にとって分かりやすい仕訳項目は異なります。その人独自の項目があることも少なくありません。そこで、自分に馴染みのある項目で仕訳を記帳できるように設定をしましょう。

仕訳項目の編集ページを開く

まずはログイン頂き、ページ上部にある「アカウント設定」ボタンを押してください。

ヘッダー上部にある「アカウント設定」ボタン

「アカウント設定」ページが表示されます。次に、ページの下の方にある「仕訳項目の編集」ボタンを押します。

「仕訳項目の編集」ボタンを押す

次のような「仕訳項目の編集」ページが表示されます。項目一覧は「資産」「負債」「資本」「収入」「費用」の5つに分類されています。

「仕訳項目の編集」ページの表示例

新しい仕訳項目を登録する

新しく項目を登録したい場合、まず黄色い「+」ボタンを押してください。

項目追加ボタンを押す

次のように「仕訳項目の追加」のウインドウが表示されます。ここで追加したい項目の情報を入力してください。

カテゴリーとラベルは必ず入力する必要があります。メモは必要に応じて入力してください。

仕訳項目追加の入力例

入力をしたら、「登録」ボタンを押してください。もし項目の登録を取り消したい場合は「キャンセル」ボタンか、ウインドウ右上の「×」を押してください。

登録が完了すると「項目を登録しました」というメッセージが表示されます。

「項目を登録しました」メッセージの表示例

指定したカテゴリーの一番下に、登録した項目が表示されます。今回は「資産」カテゴリーへ追加したので、「資産」の項目リストの一番下に項目が表示されます。

追加した項目の表示例

以上で項目の登録は完了です。

仕訳項目を変更する

すでに登録された項目の変更を行いたい場合、項目の右側に表示されているアイコンを押してください。

項目横のアイコンを押す

アイコンを押すとメニューが表示されます。変更をしたい場合は「編集」を押してください。登録したとき同様、編集用のウインドウが表示されます。

編集用のウインドウ

ここではラベルを「預金(B銀行)」から「預金(C銀行)」へ変更し、「更新」ボタンを押してみます。もし編集を取り消したい場合は「キャンセル」ボタンか、ウインドウの右上にある「×」を押してください。

変更が正常に完了すると「項目を更新しました」というメッセージが表示され、一覧の項目も更新されます。

ラベルが更新されている例

以上で項目の変更は完了です。

不要な仕訳項目を削除する

不要な項目は一部の項目を除いて削除することができます。

削除をするには、変更と同様に項目名の右にあるアイコンを押し、メニューから「削除」を選択してください。

メニューから「削除」を選択する

次のように削除の確認用ウインドウが表示されます。このまま削除を進める場合は「削除」ボタンを押してください。もし削除を取り消したい場合は、「キャンセル」ボタンかウインドウ右上の「×」アイコンを押します。

削除の確認ウインドウ

削除が無事実行されると、「仕訳項目を削除しました」とメッセージが表示されます。

削除完了後のメッセージ表示例

以上で仕訳項目の削除は完了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で、登録後すぐにご利用いただけます。